鶏肉レシピ

鶏むね低温調理【サラダチキンレシピ】人気TOP5

5
(1)


BONIQの低温調理レシピの中で圧倒的人気なのが、鶏むね肉で作るサラダチキン。
高タンパク、低カロリー、低糖質、低脂質でお財布にもやさしく、身近なスーパーなどで手に入れやすい鶏むね肉は、ダイエット・減量中の方や筋トレなどボディビルを行う方には必須の食材ですね。
低温調理器をお持ちの方で「鶏むね肉をまだ低温調理したことがない!」という方は(おそらく・・)いらっしゃらないのではないでしょうか。
低温調理ならタンパク質を破壊しない温度で加熱するから、硬く縮みパサつきがちな鶏むね肉も驚くほどやわらかく、肉汁を閉じ込めてぷりっとジューシーな仕上がり。
たとえ弱火でも、お鍋やフライパンで調理した鶏むね肉の仕上がりとはやはり全然異なります。一度低温調理をした鶏むね肉を味わえば、きっともうほかの調理法には戻れないはず。
そんな鶏むね肉の低温調理で作るサラダチキンはそのままでも食べやすく、補食としても大活躍します。サクッと一気に複数個同時調理をして作り置きしておけば、いつでも食べたい時に食べられますね。
サラダにのせたりピザやパスタ、スープの具材にしたり、サンドイッチにはさんだり和えものにしたり。お子様のおやつにしている、というお母さんもいらっしゃいます。自然で高栄養なおやつでとっても良いですね◎
そこで今回は、820以上の低温調理レシピ/ブログを公開している「BONIQ」の公式レシピサイトにおける「鶏むね肉の低温調理で作るサラダチキンレシピ」人気TOP5を発表!
ご紹介するレシピを参考に、自己流にアレンジを加えてぜひいろいろな味わいでお楽しみください。

鶏むね低温調理【サラダチキンレシピ】アクセスランキング No.5!


食欲そそる、サラダチキンの新バージョン!
いつもの鶏むねレパートリーに加えて、ぐっと華やかに!

1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:413 kcal、タンパク質:32.4 g、糖質:10.9 g、脂質:25.3 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
BONIQで低温調理した鶏むね肉の絶対美味しいサラダチキン、市販の調味料に自宅に常備してある調味料を足すだけで簡単に本格的な中華が味わえます。
市販の花椒辣醤は辛さが強いので、三温糖の量で味を見ながら調節してください。麻婆豆腐や冷奴にかけても美味しいので、冷蔵庫にあると使えますよ。


詳しいレシピはこちらから↓

鶏むね低温調理【サラダチキンレシピ】アクセスランキング No.4!


少しずつ暖かくなるこれからの時期にぴったり!さわやかサラダチキン。
レモン風味でさっぱり、リラックス効果&代謝を高める!

1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:417 kcal、タンパク質:53.7 g、糖質:2.8 g、脂質:19.4 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
暑い時期にはさっぱりとした爽やかな味のサラダチキンが食べたいですね。
いつものBONIQサラダチキンのレパートリーに加えてみては。
レモンのおかげで鶏肉の臭みも全く気にならず、あっさりさっぱりとたくさん食べることができるサラダチキンになりました。
塩レモンは簡単に作ることができます。検索すると様々な作り方がありますので、挑戦しやすいレシピを見つけてみてくださいね。


詳しいレシピはこちらから↓

鶏むね低温調理【サラダチキンレシピ】アクセスランキング No.3!


市販を超える!最強サラダチキン」の進化版!
食べやすくて持ち運びも簡単!
ダイエットや筋トレ飯としてはもちろん、お子さまのおやつにも◎

1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:タンドリー 85 kcal、エスニック 91 kcal
タンパク質:タンドリー 15.8 g、エスニック 16.1 g
糖質:タンドリー 1.4 g、エスニック 3.4 g
脂質:タンドリー 1.2 g、エスニック 1.1 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
筋トレ女子にはたまらないサラダチキンですが、「サラダチキンスティック」と言うスティック状の物を市販で見つけて試食したところ、外出先でも食べやすく、量も食べきりサイズでとても便利でした。
自宅でもBONIQを使って簡単に美味しくできないか?と試行錯誤を繰り返して辿り着いたレシピです。
鶏ひき肉を使う手も考えましたがひき肉だとつくねになってしまうので、フードプロセッサーを使って滑らかなペースト状にすることをおすすめします。
コロンとした見た目から、自家製無添加ソーセージのホットドックにしても良いですね。
サラダチキンより肉々しい感じはなく、 食べやすいサイズなので、筋トレの合間や子どものおやつ、また、1〜2歳児の手掴み食べにもおすすめです!


詳しいレシピはこちらから↓

鶏むね低温調理【サラダチキンレシピ】アクセスランキング No.2!


とにかく美味しいの一言に尽きる、市販を超えたサラダチキン。
BONIQの低温調理なら、たったの3ステップで完成!

1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:136 kcal、タンパク質:22.3 g、糖質:0 g、脂質:5.2 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
とにかく美味しいの一言につきます。
市販のサラダチキンは100g程度で200円し、パックの中で水に浸かっています。その水分でなんとか表面はしっとりしていますが、食べ進めるとパサつきが気になっていました。
家庭での調理の場合、一度沸騰させて火を消したお鍋にフリーザーバッグを入れて鍋の蓋をし、20~30分置く、というやり方が一般的ですが、温度管理が難しく、失敗すると半生だったり、火が入り過ぎてしまうことがあります。
BONIQの低温調理なら温度と時間を設定するだけで、確実に市販を超えたサラダチキンを100g 50円、600g 300円で作ることができます。
(100g 50円のむね肉を使用しました。)


詳しいレシピはこちらから↓

鶏むね低温調理【サラダチキンレシピ】アクセスランキング No.1!


「えっ、これが鶏むね肉なの!?」
パサパサで食べてたくないけど、健康の為に無理やり食べてます。。。
そんな方に激推しさせていただきます。
BONIQならタンパク質が縮まない温度で加熱ができるから
常識を覆す柔らかさとジューシーさ、噛めば噛むほどに出てくる旨味。
非常識なまでに最強すぎるサラダチキンが簡単に作ることができます。
市販のサラダチキンが食べられなくなってしまいますのでご了承ください!!

1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:305 kcal、タンパク質:53.5 g、糖質:0 g、脂質:8.6 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
鶏むね肉を一般的な調理法で日常的に食べる方から、鶏むね肉について、
・パサパサして美味しくない。
・炊飯器の保温機能や余熱で調理したら、中まで火が入っていなかった。
・コンビニのサラダチキンを頻繁に買うと高くつく。
・コンビニのサラダチキンは水に浸かっているから、外で食べるとパックから水が溢れて食べにくい。また、開けたら全部食べきらないといけない。
・プロテインでタンパク質を補給するとコスト的に高く、さらに胃に負担がかかる。
という声をよく聞きました。
実際、私の主人はジム通いをしていて、私もヨガを10年近く日々の生活習慣としており、日常的に鶏むねやささみでタンパク質を補給していますが、BONIQ調理でサラダチキンを作る前は同様に思っており、美味しくないものを無理矢理食べるより、てっとり早いプロテインやサプリメントに頼ることが多々ありました。
初めてBONIQで調理した鶏むねを食べた時、「フワッフワでしっとり、えっ?これ本当に鶏むね肉?」この時の感動は今でも忘れません。
フィットネス、ヨガ、ランニング等、日常の生活習慣に取り入れている方、ワークアウト後45分以内に天然の上質なプロテインを体に補給してあげて下さい。
補食として途中で食べるのなら、一口サイズにスライスしてタッパーに入れて用意しておくと良いでしょう。
BONIQなら1時間自宅でほったらかし調理後、フリーザーバッグ表面の水滴だけ拭き取って、そのままかばんに潜ませる!
そしてワークアウト後、フリーザーバッグの口を開けてがぶっといっちゃってください!
また明日も頑張れる活力になります!
注)持ち歩く際は保冷剤で冷やしながら、2時間以内を目安に食べてください。


詳しいレシピはこちらから↓

《まとめ》
以前BONIQの公式Instagram(@boniq.jp)で、サラダチキンの食べ方(サラダチキンとして食べる、低温調理鶏むね肉の味付け方法)についてアンケートを実施し、普段どんな味付け(下味付け)で召し上がっているか教えていただきました。
・塩のみ
・無塩シーズニング
・シーズニングスパイス
・ホワイトペッパー
・フレッシュローズマリーやフレッシュハーブ
・チリパウダーとメープルシロップ
・塩とごま油
・塩麹・麹
・食べるラー油
・梅干し
・昆布だし
・辛味噌
・カレー粉とヨーグルト
・スモークリキッド などなど・・!
まさに〝シンプルな味付けだけで充分〟なのは低温調理ならではですね。
ランクインしたレシピに合わせて、ぜひご参考ください◎

※本ランキングは当社の公式低温調理レシピサイト(http://boniq.jp/recipe/)における、「鶏むね肉を使ったサラダチキンレシピ」の総アクセス数に基づいてランク付けしています。

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿






【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【低温調理のルール 〜6つのポイント〜】を参照下さいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
BONIQ
BONIQは、ユーザー様それぞれの本質的な目的をサポートする為のパートナーとなるべく低温調理器やそれをより楽しむためのアクセサリー、レシピ、実験記事などを開発しております。 低温調理の可能性を飛躍させ、【日本に低温調理文化を…】を創業以来掲げるテーマとして、一家に1台低温調理器の普及を目指し、そんな方々を見つめその目的達成の一役を担う事を最大の喜びとして、人生を捧げております。 どんな世界でも希望と覚悟を持って生きたいと願う全ての方々と共に・・・ 〜 Let's change your life 〜

このレシピを評価しませんか?

星をクリックして下さい!(評価は1回限りです)

現在の平均:5 (評価数:1 件)

評価がまだ1件もありません。

新着レシピ

  1. 55℃,95℃ 基本ローストビーフ&トマトシチュー

  2. 55℃,95℃ ローストビーフ&クラムチャウダー

  3. 95℃ 食物繊維豊富!黒米と筑前煮の腸活弁当

  4. 65℃,36℃ ローストビーフ林檎サラダ&タルタル

  5. 64℃ 肉汁溢れる ふわふわ鶏ひき肉のロール白菜