デザイナー募集!BONIQ LINEスタンプ

BONIQ 公式LINEスタンプ 制作デザイナー・イラストレーター募集!

BONIQでは「BONIQ オリジナルLINEスタンプ」の作成を企画しており、
先日アンケートを実施させていただき、
みなさまからたくさんの楽しく、温かいアイディアをいただきました。

この場を借りて、アンケートにお答えいただいたみなさま、
ご協力誠にありがとうございました。
たくさんの素敵なアイディアにスタッフ一同大変嬉しく思っております^^

そのみなさまからのご回答をもとにアイディアを固めまして、
以下パターンのスタンプ作成を予定しております!!

パターン1)ボニー君 単体

・BONIQロゴに手足がついたキャラクターイラスト
・かわいいイメージ
・少しだけ奥行きのある3D
・「BONIQ」文字は入らなくてOK
・普通のボニー君とマッチョになったボニー君 など

パターン2)ボニー君が○○しているところ

・ボニー君がお鍋のお湯につかっているシーン
(お鍋のふちに手をかけて「やっぱ55℃でしょ〜♪」「60℃にしてくれない?」などと言っている など)
・ボニー君がお肉やサーモンをお鍋に入れているシーン
(フリーザーバッグではなく食材そのまま)

パターン3)しずる感のある食材/メニューとボニー君

・牛肉料理
・豚肉料理
・鶏肉料理
・お魚料理 などとボニー君
(お皿のふちに座っている、覗き見している など)

今回、このパターンに基づく実際のLINEスタンプのイラスト作成を、
お願いできる方を募集します!

みなさまに「日々気軽に&たくさん」使っていただけるような、
BONIQの公式LINEスタンプを一緒に作れたら・・!!と思っております。

ぜひご協力いただける方はイラスト制作のサンプルとともに、
以下応募フォームよりご連絡をお願いいたします^^

BONIQ LINEスタンプ制作応募

お気軽にご応募ください!楽しみにお待ちいたしております!

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿





【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【加熱温度基準表】を参照下さいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
boniq

boniq

低温調理をもっと身近に・・・

70℃ ふわとろ いわしの梅煮

【簡単すぎる 温泉卵】レシピ動画

関連記事

  1. 3.21 BONIQ体験イベント w/ KANA…

    BONIQを愛用するプロフィットネスモデル/パーソナルトレーナーと「BONI…

  2. 4.21 BONIQ栄養学 w/ 専門研究博士

    BONIQを愛用するプロフィットネスモデル/パーソナルトレーナーと、専門研究…

  3. 「こんなレシピ欲しい!」募集!

    「こんなレシピ欲しい!」BONIQ 公式オリジナル低温調理レシピ リクエスト…

  4. 1万台突破キャンペーン開催中!!

    昨年11月より一般販売を開始したBONQですが、なんと1万台を突破いたし…

  5. 〜 Wanted!MYベストレシピ 〜

    【Wanted!MYベストレシピ】~ 「BONIQ MYベストレシピ」募…

  6. 進化版低温調理器「BONIQ Pro」到着

    大変お待たせいたしました!!みなさまにお届けするボックスから、超スタ…

  7. 〜 Wanted!BONIQ Family 〜

    【Wanted!BONIQ Family】~ BONIQ イベントオーガ…

  8. 低温調理 LIVE Kitchen Battle…

    低温調理 LIVEキッチンバトル!プロ料理人が目の前で本気の低温調理対決!…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

言語 / Languages

  • English (United States)
  • 日本語

最近の記事

SNS

     



PAGE TOP