人気ランキング

【10月のカテゴリ別人気No.1レシピ】TOP6

0
(0)


おかげさまで月間アクセス数160万PV(2020年10月末時点)を超えるサイトにまで成長した、本BONIQ公式レシピブログ。低温調理の魅力を感じ、低温調理を楽しまれている方が増えた証しではと大変嬉しく思っています^^
そこで今回は、330以上の低温調理レシピを公開している「BONIQ」の公式レシピサイトにおける、「10月のカテゴリ別人気No.1レシピ」TOP6を発表!
本BONIQ公式レシピブログでは様々なカテゴリを用意しており、食材別、カロリー量別、糖質量別、設定温度別などからレシピを探すことができます。
今回は10月度アクセス数が多かった上位6カテゴリをピックアップ、さらにそれらのカテゴリの中で1番人気だったレシピをご紹介します。
各カテゴリで10月度人気No.1に輝いた超人気レシピ、必見です!^^

【10月のカテゴリ別人気No.1レシピ】No.6!「野菜」カテゴリ


BONIQレシピ開発者の作った感想
※輪切りの直径4.5cmの鳴門金時の場合です。

①茹でる(鍋で弱火 45分)
しっとり、ねっとりして美味しいが、甘さ控えめ。少し水っぽさが残念。

②オーブン(100℃ 90分→200℃ 30分)
皮の香ばしさが加わって美味しい!しっとりして甘い!

③BONIQ (80℃ 90分→95℃ 15分)
ほくほくして美味しい!この中では一番甘い!

④BONIQ (95℃ 90分)
しっとりして美味しいが、②③と比較すると甘さ控えめ。

⑤電子レンジ(600W 3分→100W 10分)
カスカスになってしまい、甘味も残念。もっと短い時間で上げれば良かったが、それもあまり期待できない。

結論:
②オーブンと③のBONIQ(80℃ 90分→95℃ 15分)に軍配。②のしっとりとして香ばしいさつまいもは、そのまま食べてもとても美味しく、③はホクホクしてサラダや混ぜご飯、お菓子に入れても◎。用途によって、お好みによって、気分によって、使い分けてみてください!
また、さつまいもの太さによって時間を調整してください。
ちなみにこの実験をする際、失敗と調整を繰り返し、さつまいもを10本以上食べました。。。


詳しいレシピはこちらから↓

【10月のカテゴリ別人気No.1レシピ】No.5!「人気ランキング」カテゴリ


BONIQレシピ開発者の作った感想
あれも、これも・・・と、全力でおすすめしたいレシピがたくさんある中で絞りに絞った9レシピ。どれも家庭料理の域をはるかに超えるレベルで、「低温調理ならでは」の仕上がりにきっと驚かれると思います。SNSでもユーザーさまから多くポストいただく、BONIQを代表する定番&鉄板の低温調理メニューでもあります。
試食会やリアルイベントなどでも歓声が上がるほど大人気で、つい自信満々の笑みでお召し上がりいただく様子を見守ってしまいます^^
初めて低温調理器を手に入れたら、何から作ろう?!とワクワクしますよね!そんなワクワクに200%で応えてくれる極上レシピです。といっても、ほぼ毎日使い続けてもなお、毎回ワクワクしちゃうのも低温調理ですが・・・!^^
ほかにも、魚、野菜、きのこ、フルーツ、スイーツ、、とたくさんのおすすめレシピがありますので、ぜひ色々作って、お好みでアレンジを加えて、たくさんのお気に入りを見つけてくださいね。


詳しいレシピはこちらから↓

【10月のカテゴリ別人気No.1レシピ】No.4!「魚介」カテゴリ


BONIQレシピ開発者の作った感想
まさに「火の通った生」の質感に驚きました。ナイフを入れても、箸でとってもホロリと崩れる、しかしとてもやわらかく、しっとりとした質感です。サーモンのコンフィは40℃周辺をキープすることがコツですが、BONIQならただセットするだけで勝手にキープしてくれます。
作業工程に時間が取られますが、特別な日や、大切な方へのおもてなしにいかがでしょうか。御自宅でも簡単にフレンチでおもてなしができます。

サーモンのコンフィ

独特の生臭さは事前準備のブラインニング工程で解消!均一な下味もつき、仕上がりもふっくら♪

詳しいレシピはこちらから↓

【10月のカテゴリ別人気No.1レシピ】No.3!「豚肉」カテゴリ

BONIQレシピ開発者の作った感想
冷蔵庫で3~4日は保存可能なので、ぜひ2パターンで味わっていただきたいです。
チャーシューご飯用のソースはバルサミコ酢を入れることで、スッキリとした味わいになります。いつものチャーシューのこってりさにスッキリとしたソースでご飯がすすみます。
改訂版「63℃ もっとやわらかしっとり!チャーシュー」できました!合わせてご参照ください。


詳しいレシピはこちらから↓

【10月のカテゴリ別人気No.1レシピ】No.2!「牛肉」カテゴリ


BONIQレシピ開発者の作った感想
鶏むね肉の低温調理 塩のタイミング比較実験」の結果はその差異が小さかったので、こちらから違いを探しに行ったくらいでした。
今回はBONIQの湯せんからフリーザーバッグを引き上げた時点で既に肉汁の色の違いが見え、切った瞬間から見た目が全然違う!口に入れた瞬間も全然違う!その違いは歴然でした。
「低温調理後、そのフリーザーバッグに塩を入れて味を含ませる」という方法がベストな仕上がりになるということを声を大にして言いたい!
間違いなく美味しいです。自信を持っておすすめします。
塩がどのように肉に作用してこの結果になるのか、化学的な見解が知りたいですが、今のところ調べれば調べる程迷宮入りしています。わかったらご報告したいと思います。


詳しいレシピはこちらから↓

【10月のカテゴリ別人気No.1レシピ】No.1!「鶏肉」カテゴリ

BONIQレシピ開発者の作った感想
以前の方法でも充分美味しいと思っていたのですが、今回のBONIQ後にフリーザーバッグに塩を入れて味を含ませる方法で、究極の仕上がりになりました。
これ以上に柔らかくてジューシーな蒸し鶏はないんじゃないか、というくらいのクオリティです。
もう蒸し鶏は何度も作った、という方も、ぜひこの方法で違いを感じてみてください。


詳しいレシピはこちらから↓

《まとめ》
10月度のアクセスランキング、カテゴリ別は「鶏肉」、「牛肉」、「豚肉」、「魚介」、「人気ランキング」、「野菜」カテゴリでした。
1位〜6位まで食材別のカテゴリがほぼ独占するとは・・!みなさん食材からレシピを探されることが多いようですね。
そしてやはり中でも「お肉」がTOP3を占めています。しかし、その次は「魚介」カテゴリと、低温調理の領域を広げていろんな食材を楽しまれているようですね!
人気ランキングもジャンルやテーマ別に人気のレシピランキングがすぐに分かるので、おもてなしやホームパーティー、お誕生日会などイベントの機会はもちろん、今日明日のごはんのメインや献立を考える時にも役立ちます。
純粋に「みんながどんなレシピを見ているのか?」を知れるのもなんだか楽しいですよね^^
さらに、「野菜」カテゴリと続きます。野菜は高温調理、あるいは水に浸して調理すると栄養素が破壊されてしまったり流出してしまったりするものも多いのですが、低温調理であれば低温での調理なのでなるべく栄養素をそのままに、そして流出してもフリーザーバッグの中なのでそのままソースやスープに活用すれば、栄養を逃さず摂取することができます。しかも、〝低温調理ならではのしっとりとやわらかながらも、おいしいさくっと食感〟の仕上がり。お肉やお魚以外はもちろん、野菜だって低温調理しない理由はないですね!
低温調理初心者の方はもちろん、低温調理を充分満喫されている方も、ぜひ各カテゴリ別の人気レシピ、試してみてくださいね^^
そして改めて、BONIQの代名詞(!)とも言える〝鶏むね肉〟や〝牛もも肉〟を、食材のおいしさを最大限に引き出し、余計な添加物や過度な味付けなどをせず自然に極上のおいしさを味わえる「鶏むね肉の蒸し鶏」、「ローストビーフ」レシピはやっぱり最強ですね!!

※本ランキングは当社の公式レシピサイト(http://boniq.jp/recipe/)における、「2020年10月度における全カテゴリと全レシピ」の総アクセス数に基づいてランク付けしています。

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿






【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【低温調理のルール 〜6つのポイント〜】を参照下さいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
boniq

boniq

BONIQは、ユーザー様それぞれの本質的な目的をサポートする為のパートナーとなるべく低温調理器やそれをより楽しむためのアクセサリー、レシピ、実験記事などを開発しております。 低温調理の可能性を飛躍させ、【日本に低温調理文化を…】を創業以来掲げるテーマとして、一家に1台低温調理器の普及を目指し、そんな方々を見つめその目的達成の一役を担う事を最大の喜びとして、人生を捧げております。 どんな世界でも希望と覚悟を持って生きたいと願う全ての方々と共に・・・ 〜 Let's change your life 〜

このレシピを評価しませんか?

星をクリックして下さい!(評価は1回限りです)

現在の平均:0 (評価数:0 件)

評価がまだ1件もありません。

コメント

この記事へのコメントはありません。

新着レシピ

  1. 最速で極厚とんかつ!低温調理器の店舗活用法

  2. 60℃ 胃腸を丈夫に◎鶏ささみのタンドリー風

  3. 最速で最上級ステーキ!低温調理器の店舗活用法

  4. アスリート飯!長友選手シェフのミトコンボウル

  5. ホールディングは有効?比較実験~牛ももVo.3~