人気ランキング

同時調理OK【57℃の低温調理レシピ】TOP7

5
(1)


以前の「同時調理OK【61℃の低温調理レシピ】TOP3」、「同時調理OK【63℃の低温調理レシピ】TOP7」、「同時調理OK【65℃の低温調理レシピ】TOP3」、「同時調理で副菜作り置き【95℃の低温調理レシピ】TOP5」に続いて今回は、同時調理OK【57℃の低温調理レシピ】TOP7を発表!

BONIQの使い方、あるいは低温調理に慣れてくると、異なる食材や異なるメニューのものも同時に調理しやすくなりますよね。
レシピそのままの温度はもちろん、お気に入りの温度帯が似た温度帯であれば、いっきに色々と調理できて楽々!今日の夜ご飯のメイン、明日の朝ごはんのメインと昼ご飯のサブ・・など、使いこなせば使いこなすほど楽に調理ができるようになったり、色々とアレンジをきかせる楽しみもでてきます。
そこで今回は、790以上の低温調理レシピ/ブログを公開している「BONIQ」の公式レシピサイトにおける「もっと便利に使いこなす!人気の57℃の低温調理レシピ」TOP7を発表!
57℃に設定し、それぞれの時間がきたらフリーザーバッグを引き上げるだけ。
BONIQは最長の時間に合わせて別でスマートフォンなどのタイマーをかけておく、あるいはBONIQは最短の時間に合わせて都度引き上げたら時間を追加していっても良いでしょう。

温度別人気レシピランキングシリーズ
同時調理OK【61℃の低温調理レシピ】TOP3
同時調理OK【63℃の低温調理レシピ】TOP3
同時調理OK【65℃の低温調理レシピ】TOP3
同時調理で副菜作り置き【95℃の低温調理レシピ】TOP5

同時調理OK【57℃の低温調理レシピ】人気ランキング No.7!


BONIQレシピ開発者の作った感想
今回は”和牛”ヒレを使って作りました。他の牛ヒレでももちろん出来ますが、脂と肉の旨みが幽庵地ときのこみぞれあんの風味にぴったり合う”和牛”がおすすめです。
本当に心から美味しいものを食べたときって「美味しい」という言葉よりも先に、黙るか唸ってしまうと思うのですが、まさにそういう逸品です。
家庭料理をはるかに超える味わいで、料亭の味。(そもそもこの料理、京都の有名日本料理店で出されているものを参考にさせていただき、家庭でBONIQを使ってできるようアレンジしたものです。)
おもてなし料理としても間違いありません。自信を持っておすすめします。


詳しいレシピはこちらから↓

同時調理OK【57℃の低温調理レシピ】人気ランキング No.6!


BONIQレシピ開発者の作った感想
鮭にはいろいろな種類がありますが、今回使用した秋鮭は、秋に採れる白鮭の事を言います。
秋鮭は脂が少ないという特徴があるため、焼き魚よりもバターを使ったムニエルが適しています。
低温で調理した秋鮭はホロッとやわらかく、1切れ200円以下の「普通の鮭」ということを忘れてしまいそうなほど美味しく仕上がります。
濃厚なのに後味がさっぱりしたソースとも好相性。
今回使用した秋鮭は、家庭用の冷凍庫で48時間以上冷凍した鮭を使いました。
そうすることで、鮭の食中毒を引き起こすアニサキスを死滅させる事ができます。
冷蔵の鮭を使用する場合は、70℃以上、または60℃以上かつ1分以上で加熱調理してください。
(その場合本レシピとは仕上りが異なると思われます)


詳しいレシピはこちらから↓

同時調理OK【57℃の低温調理レシピ】人気ランキング No.5!


BONIQレシピ開発者の作った感想
ハワイで人気のガーリックシュリンプですが、低温調理で一手間かけてあげると驚くほどしっとり濃厚になります。
以前のレシピ「パーティーやおもてなしに最適な海老のセビーチェ」では73℃ 15分で調理しました。
えび類は60~70℃の低温調理では粘土状になりしっとりし過ぎてしまうため、セビーチェはえび本来のプリッと歯切れの良い食感を残すために73℃に設定していますが、今回はあえてしっとりした仕上げにするために57℃ 30分に設定しています。
「究極のしっとり食感」×「濃厚海老のエキス」で、鳥肌がたつほどの美味しさです。
プリップリとしっとり。ボタン1つで簡単に温度管理ができるBONIQは、やはり家庭調理の域を越えてくれる素晴しい調理器具だと改めて感じます。


詳しいレシピはこちらから↓

同時調理OK【57℃の低温調理レシピ】人気ランキング No.4!


BONIQレシピ開発者の作った感想
その昔、まだ私が料理の学生でキラキラした目をしていた頃、意を決してパリの星付き有名レストランで鴨のローストを食べることにしました。出てきた時は「これが有名な鴨かっ!」とテンションが上がりましたが、実はその鴨は少々火が入り過ぎていて残念だった切ない思い出があります。
はっきり言えるのは、このBONIQで作った鴨の方が断然美しいロゼ色!
自信あります。何回作ってもロゼ色!
果実味たっぷりな赤ワインと一緒に楽しむのはもちろん、スパークリングワインにカシスリキュールを少し垂らして楽しむのもオツ。


詳しいレシピはこちらから↓

同時調理OK【57℃の低温調理レシピ】人気ランキング No.3!


BONIQレシピ開発者の作った感想
BONIQの低温調理では定番の牛ステーキ。
赤ワイン系や和風系のソースに少し飽きてしまった方、変わったソースで食べたい方におすすめです。
デミグラスソースに小さじ2杯のカレー粉が入るだけで、グッとはまる美味しさ。
カレー風味ですが、"思いっきりカレー”ではなく、デミグラスソースとのバランスが絶妙です。
残ったソースはぜひパンと合わせてお召し上がりください。


詳しいレシピはこちらから↓

同時調理OK【57℃の低温調理レシピ】人気ランキング No.2!


BONIQレシピ開発者の作った感想
「タリアータ」とは…焼いた牛肉を薄くカットし、ルッコラなどの野菜とパルミジャーノレッジャーノと合わせて食べるシンプルなイタリア料理です。シンプルなだけに素材の味がダイレクトに伝わり、火の入り具合によって仕上がりに差が出ます。
フライパンでの温度管理は慣れていないと難しいところですが、BONIQでは設定さえきちんとしていれば簡単に狙った通りの仕上がりになります。
ローストビーフのロゼ色より赤く、牛のたたきより火の入ったミディアムレアのタリアータ。ワインがすすむ美味しさです。


詳しいレシピはこちらから↓

同時調理OK【57℃の低温調理レシピ】人気ランキング No.1!


BONIQレシピ開発者の作った感想
市販の安価なローストビーフは、薄くて旨みも少なく、さらに牛肉独特の匂いが強いものが多く、どちらかというと苦手でした。しかし、BONIQで調理したローストビーフはとてもしっとりとしていて、噛むほどに濃厚で旨みがギュっと閉じ込められているのを感じました。
よほどステーキを焼き尽くしている方やプロでないと確実に狙った温度で仕上げることは難しいですが、BONIQならお料理が苦手な方でもボタン操作1つで確実に狙った温度で仕上げてくれるので安心です。
本来ローストビーフはもも肉で作る方が多いですが、肩肉でも繊維を感じず、適度な脂身と旨みのある赤身を併せもっていて、とても美味しく出来ました。
サラダ用に半分、もう半分は翌日ローストビーフ丼にしました。
ソースもサラダと丼それぞれに合う仕上がりになっていますので、ぜひお試しください。


詳しいレシピはこちらから↓

《まとめ》
低温調理器を手に入れたらまず作りたい、BONIQでも人気のもはや低温調理の鉄板ともいえるメニューが多くランクインしています。
驚きなのは、「これらすべてが同時に調理できること」ですよね!低温調理で、これまでの家庭料理では難しかった仕上がりに調理できることはもちろんですが、同じ温度帯であれば一気にたくさん作れることも、低温調理の大きなメリットの1つです。一気に同時調理して、毎回副菜や汁物を足してあげるだけで立派な一食分になります。
どれも過度な味付けはなく、少ない調味料で素材の美味しさを最大限引き出しているので、体に優しいのも「低温調理おうちごはん」ならではでしょう。
ほかにも、56℃の「56℃ 牛リブロースステーキとフライドポテト」、「56℃ おもてなしにも!牛肉のパイ包み焼き」、「56℃ 正常な血液を作る◎やわらか 牛ヒレかつ」、「56℃ 極上肉を格上げ!牧草牛のステーキ」などを一緒に作っても良いでしょう◎
お肉・お魚の低温調理時は「低温調理 加熱時間表」に従って厚みと温度から加熱時間を決定してください。
一気に複数個を同時調理するなら、大量に仕込める「BONIQ バルクアップコンテナ」が便利です^^
忙しい時こそ、また、毎日のことだからこそ、楽しながらも美味しくヘルシーで、栄養満点のごはんをいただきたいですね◎

低糖質、高タンパク、高栄養な食事を作るのに適した調理器具、「BONIQ」。
今後も「BONIQ」はより「美味しい食事」を食べていただくこと、ひいては「美味しい食事」を食べて健康になるためには何を知り・すべきかを提案していくこと、を目的として、様々なレシピや調理の比較実験をみなさまへご提案してまいります。

※本ランキングは当社の公式レシピサイト(http://boniq.jp/recipe/)における、「設定温度:57℃」レシピの総アクセス数に基づいてランク付けしています。

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿






【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【低温調理のルール 〜6つのポイント〜】を参照下さいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
boniq

boniq

BONIQは、ユーザー様それぞれの本質的な目的をサポートする為のパートナーとなるべく低温調理器やそれをより楽しむためのアクセサリー、レシピ、実験記事などを開発しております。 低温調理の可能性を飛躍させ、【日本に低温調理文化を…】を創業以来掲げるテーマとして、一家に1台低温調理器の普及を目指し、そんな方々を見つめその目的達成の一役を担う事を最大の喜びとして、人生を捧げております。 どんな世界でも希望と覚悟を持って生きたいと願う全ての方々と共に・・・ 〜 Let's change your life 〜

このレシピを評価しませんか?

星をクリックして下さい!(評価は1回限りです)

現在の平均:5 (評価数:1 件)

評価がまだ1件もありません。

新着レシピ

  1. 【筋肉を育てる!筋トレ飯献立】人気TOP4

  2. 62℃ 再現レシピ 有名ホテルのフレンチトースト

  3. 58℃ 脱水は有効?低温調理比較実験 牛もも編

  4. 63℃ 濃厚リッチ 簡単本格フォアグラのテリーヌ

  5. 【低温調理ならではのさんまレシピ】TOP5