シチュエーション

低温調理で作る【和風オードブルレシピ】TOP20

0
(0)


年末や年越しの家族ごはんやホームパーティー、新年会に欠かせない、ちょっと豪華なごちそうレシピ。
BONIQの低温調理なら極上おいしいのはもちろん、ほったらかしでOKだからラクラク。しかも、大量同時調理OKだから、一気に作れて効率的。簡単なのに手が込んでいるように見えるごちそうで、きっとみんなも驚くはず。
いつものおうちごはんだけでなく、ホームパーティーや新年会、お誕生日会などのイベントも、いつもの食材が簡単おいしく作れるBONIQにおまかせ!
そこで今回は、前回の「低温調理で作る【洋風オードブルレシピ】TOP20」に続き、350以上の低温調理レシピを公開している「BONIQ」の公式レシピサイトにおける、おうちパーティーにも持ち寄りにも大活躍の「低温調理で作る和風オードブルレシピ」TOP20を発表!
まだ作ってみたことがないレシピがあれば、この機会にぜひ試してみてくださいね。

年末年始のおうちごはんやホームパーティーにおすすめ人気レシピランキングシリーズ








低温調理で作る【和風オードブルレシピ】No.20!


やわらかジューシーで食べごたえ満点。
しっかり染み込む味付けで、お酒もご飯も進む!

1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:266 kcal、タンパク質:19.0 g、糖質:9.3 g、脂質:18.4 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
鶏の手羽先部分は、他の部位に比べてコラーゲンが多く含まれます。
コラーゲンは約80℃以上でゆっくりゼラチン質へと変わっていくそうです。
今回はむね肉の設定温度より大幅に上げて82℃にしていますが、肉が骨から簡単に外れるほど柔らかく、ジューシーに仕上がりました。
表面をバーナーで炙る事で、皮の焼ける香ばしい香りに、より食欲をそそられます。


詳しいレシピはこちらから↓

低温調理で作る【和風オードブルレシピ】No.19!


低温調理の新たな可能性を発見!
硬さの違ういろいろな具材の火通りが、完璧に。

1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:255 kcal、タンパク質:15.4 g、糖質:19 g、脂質:10.1 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
これまでの低温調理のセオリーでは、筑前煮のような硬さの違う具材を使う煮物を作る際、バラバラに具材を下茹でしてから全てを合わせるのが通例でした。
しかし今回は初めから具材も調味料も全部一緒に入れて調理を行ったところ、にんじんは煮崩れなし、ごぼうとれんこんはちょうど良い歯ごたえを残した柔らかさ、鶏肉は間違いなく柔らか。そして、味がきちんと全体に染み込んでいる、という完璧な状態に仕上げることができました。
これは低温調理の新たな可能性の発見です!
従来法のように「煮汁がなくなってきたな」や「まだごぼうが硬いな」、などと途中でチェックする必要も全くないのでものすごく簡単。
忙しい時の作り置きのおかずとしても活躍する筑前煮。ぜひお試しいただきたい逸品です。


詳しいレシピはこちらから↓

低温調理で作る【和風オードブルレシピ】No.18!


低温調理でふっくらプリプリ&旨みたっぷり。
濃厚クリーミーな口どけが絶品、贅沢な旬を召し上がれ。

1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:140.1 kcal、タンパク質:5.4 g、糖質:21.3 g、脂質:0.9 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
従来の鍋で作る牡蠣のしぐれ煮は、身が驚くほど縮み、硬くなってしまうのが残念でした。
BONIQの低温調理なら、ふっくらプリプリでやわらかい食感を残すことができます。
旨みが存分に引き出された旬の牡蠣、お酒もご飯もすすむ美味しさです。


詳しいレシピはこちらから↓

低温調理で作る【和風オードブルレシピ】No.17!


炙っても、焼いても、そのままでも、美味しい。
しっとりジューシー、子供にも大人気なおかず。

1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:323 kcal、タンパク質:22.9 g、糖質:4.5 g、脂質:21.9 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
西京漬けはフライパンで焼くと表面だけ焦げて中心部まで火が入らないことがあります。
BONIQでは中心部まで均一に、かつしっとりジューシーに仕上げることができました。
合せ調味料を合わせて1日寝かせる事でしっかり下味がつき臭みもありませんでした。
とても手軽に作れます。子供達も大好きなおかずです。


詳しいレシピはこちらから↓

低温調理で作る【和風オードブルレシピ】No.16!


臭みなしのクリーミーな仕上がり。
不足しがちな鉄分を上手に補給!

1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:191 kcal、タンパク質:24.5 g、糖質:8.5 g、脂質:3.9 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
以前、足がプルプルして階段が登れなくなるくらいの鉄欠乏性貧血に悩んでいたことがあり(マラソンのし過ぎにより・・・)、レバーを積極的に食事に取り入れようとしました。しかし頻繁に食べるのは結構難しく、飽きてしまいます。
そこで、BONIQを使って調理することで、臭みもなくクリーミーでねっとり旨みのある味わいに仕上げることができ、新たにローテーション入りを果たしました。
皆さんも、鉄不足にはお気をつけてくださいね。


詳しいレシピはこちらから↓

低温調理で作る【和風オードブルレシピ】No.15!


口の中でとろける・・・
海のフォアグラ「あん肝」をご家庭で♪

1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:200 kcal、タンパク質:4.5 g、糖質:1 g、脂質:18.9 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
一般的に知られるあん肝の調理法は、血抜きなどの下処理の後に成型して「蒸す」のがスタンダードです。
単純なようですが、あん肝ポン酢において最もデリケートで難しいのが、この「蒸す」作業です。
高温で蒸し過ぎると、あん肝から脂分と水分が抜け出して固くなってしまい、食感がボソボソになってしまいます。かといって加熱不足だと、中心まで火が通りません。
BONIQでの低温調理は、家庭でも簡単に30分であん肝が口の中でとろける食感に仕上げてくれました!
もう家庭料理の域を越えています!


詳しいレシピはこちらから↓

低温調理で作る【和風オードブルレシピ】No.14!


BONIQならではのやわらかジューシーゆで鶏。
体にやさしいビタミン野菜と召し上がれ。

1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:416 kcal、タンパク質:44.4 g、糖質:25.2 g、脂質:15.6 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
赤カブとワカメの和マリネ、野菜の素揚げと共に皿に盛り付け、お好みでわさび昆布をのせて。


詳しいレシピはこちらから↓

低温調理で作る【和風オードブルレシピ】No.13!


しっとりふわふわ、最上級の家庭の味を召し上がれ!
心も体もほっこり温まります。

1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:219 kcal、タンパク質:36.3 g、糖質:9.4 g、脂質:2.2 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
今が旬の大根は、スーパー等でも艶々で太く真っ直ぐ伸び、美味しそうなものが多いですね。
鍋で調理すると煮崩れたり、大根特有の匂いが部屋中に充満してしまうのが難点でしたが、低温調理をすることでそこの問題はクリアになります。
いかに合わせた温度設定をしていますが、まず、その柔らかさに驚きです。
煮物でこのいかの柔らかさと、柔らかくしっかり味が染みこんだ大根が調理できるのは、BONIQだからこそですね。


詳しいレシピはこちらから↓

低温調理で作る【和風オードブルレシピ】No.12!


一口食べた瞬間、その食感に驚き!
やわらかふわふわ仕上げ。甘辛たれとの相性抜群!

1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:375 kcal、タンパク質:27.8 g、糖質:32.4 g、脂質:10.5 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
一口食べた瞬間、フワフワな食感に感動しました!!
低温調理で挽肉を調理するイメージが始めは湧きませんでしたが、ミートローフに続き、BONIQはひき肉調理にも適していることを改めて実感しました。
甘辛なたれとフワフワのつくね、大人も子供も大好きです。
たれに絡めたつくねに、卵黄をかけても美味しく食べられますよ。


詳しいレシピはこちらから↓

低温調理で作る【和風オードブルレシピ】No.11!


定番の煮物もBONIQの低温調理ならこの通り。
しっかり中まで味が染み込んで、ほっこり癒される。

1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:144 kcal、タンパク質:6.6 g、糖質:12.2 g、脂質:5.9 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
同時に調理ができることは忙しい主婦にとって大変助かりますよね。
従来通りに鍋で作っても大根の下ゆでは必要になるので、二度手間とは思えません。
手羽先から出る旨味や脂が淡白な大根とよく合います。
1日大さじ1杯摂取すると内蔵脂肪が減り、また、疲れを溜め込まないと言われているお酢が多めに入っているので、疲労回復効果としても良いでしょう。


詳しいレシピはこちらから↓

低温調理で作る【和風オードブルレシピ】No.10!


様々な効能があり、日々の食事に取り入れたい「酒粕」。
さらにしっとりやわらかで、BONIQとの相性は抜群!

1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:353 kcal、タンパク質:25.4 g、糖質:4.1 g、脂質:23.6 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
冬場になると、スーパーでも頻繁に目にする酒粕ですが、美容効果や腸内環境改善、認知症予防など、様々な効能があることで有名ですね。
これだけ栄養価の高い食材なので、せっかくなら毎日の生活に積極的に取り入れたいです。
では板粕を1枚購入、いざ、どうやって使い切るか・・・頭を抱える方も多いかと思います。
甘酒、粕汁・・・。これだけではありません。味噌粕漬けによく使えます!
今回は豚ロース肉ですが、漬ける食材は鶏肉や魚でもOK。
漬けてBONIQに投入するだけなのに、酒粕効果でいつも以上にしっとりやわらかく仕上がりました。
「BONIQ×酒粕」最強です!
※予め酒粕をレンジ加熱することでアルコール分はほぼ飛びますが、小さいお子様やアルコールが極端に弱い方は味見してみてくださいね。


詳しいレシピはこちらから↓

低温調理で作る【和風オードブルレシピ】No.9!


外はコリッと、中は柔らかジューシー。
焼き過ぎの心配なし。ご飯とお酒がすすむ!

1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:327 kcal、タンパク質:12.9 g、糖質:3.1 g、脂質:28.1 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
スーパーなどでも見かける豚タンですが牛タンと比べて値段も安く、脂が少ないのでサッパリとした、クセのない味です。
美味しく調理するには表面は香ばしさを出すためにコリっとさせ、中心部はジューシーに仕上げるのがおすすめですが、ついつい焼きすぎてしまう事がありませんか?
BONIQなら、豚肉を安心して食べられる温度で中心部までゆっくり熱を加え、最後に表面だけバーナーで炙ることで、自宅でコリコリ・ジューシーな豚タンが味わえます!


詳しいレシピはこちらから↓

低温調理で作る【和風オードブルレシピ】No.8!

鶏レバニラ(完成)3:低温調理レシピ

BONIQの定番人気「鶏レバー」でスタミナ満点!
安定の、しっとりなめらか、濃厚クリーミーな仕上がり。

1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:237.8 kcal、タンパク質:15.7 g、糖質:8 g、脂質:14.3 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
BONIQレシピで人気の鶏レバー。
レバーは火が入りすぎるとボソボソになり美味しくありません。
ソースとニラをフライパンで作り、レバーだけBONIQで低温調理すれば、後は合わせるだけ。スタミナ抜群です。

鶏レバニラ(完成)1:低温調理レシピ
詳しいレシピはこちらから↓

低温調理で作る【和風オードブルレシピ】No.7!


まるで料亭の味!
準備も調理も簡単なのに、その味わいは格別!

1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:192 kcal、タンパク質:27.7 g、糖質:3.2 g、脂質:5.7 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
文句なしの絶品です!
調味料も計量も簡単で、混ぜて寝かせてBONIQにかけるだけ。
料亭の味かと思うほど美味しく仕上がります!
鮭で注意しないといけないのがアニサキスによる食中毒ですが、60℃で1分以上、70℃では瞬時、あるいは冷凍では48時間以上で死滅すると言われています。
今回の調理では、予め冷凍してあった紅鮭を解凍して使用し、61℃ 30分で調理したので、安全に美味しく食べられます!


詳しいレシピはこちらから↓

低温調理で作る【和風オードブルレシピ】No.6!


脂身の多い三枚肉ではなくもも肉を使って。
BONIQの低温調理で〝サッパリしっとり〟とした美味しい角煮。

1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:544 kcal、タンパク質:32.8 g、糖質:54.1 g、脂質:16.5 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
味付け卵は1日置くと、更にしっかり味が染み込みます。
冷蔵で3日は保存できるため、多めに用意しても良いでしょう。


詳しいレシピはこちらから↓

低温調理で作る【和風オードブルレシピ】No.5!


サーモンの刺身の概念を覆す!
臭みナシで、甘みと旨みを最大限に。

1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:262.1 kcal、タンパク質:19.3 g、糖質:3.4 g、脂質:17.5 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
私自身、子供の頃はサーモンの刺身が好きでしたが、歳を重ねるにつれあまり食べなくなっていました。なぜなら、サーモンの脂がダイレクトにきて、やや生臭いと感じるからでした。
しかし、実験「36℃ 生 v.s. 低温調理サーモン 比較実験」を行ったことろ、36℃サーモンがすごく美味しくてびっくりしました!サーモンの刺身の概念を覆すほど臭みもほとんどなく、甘みと旨みが引き出されてもう美味しい!!
生(何も処理していない通常のもの)と比較しても差は歴然で、このふた手間(振り塩と低温調理)をかけるとこんなに味がグレードアップするんだと驚きました。これぞBONIQの醍醐味です。やってみる価値アリです。
たんぱく質の加熱変性は魚の身の脂の入り具合によって変わりますが、他の魚ではどうなるのか?こんなに美味しくなるのなら、今後試してみたいと思います。


詳しいレシピはこちらから↓

低温調理で作る【和風オードブルレシピ】No.4!


職人技は必要なし!
卵豆腐のような、つるつるだし巻き卵!

1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:140 kcal、タンパク質:11.5 g、糖質:0.9 g、脂質:10.0 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
卵料理はシンプルでいて、火加減や技術が必要な料理の一つ。BONIQを使えばまるで卵豆腐のようにふわふわつるつるのだし巻き卵の完成です。これを応用して次はだしの量を増やし、卵豆腐や茶碗蒸しに挑戦したいと思います。


詳しいレシピはこちらから↓

低温調理で作る【和風オードブルレシピ】No.3!


ジューシーな肉の旨みがしみしみ!
味が十分に染みた、とろとろの角煮!

1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:655 kcal、タンパク質:24.9 g、糖質:12.6 g、脂質:57.5 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
従来の方法では調味料を入れて煮込む行程で、十分に味をしみこませようとすると下の方だけ焦げたりしがちですが、BONIQを使えばより短い時間で全体にムラなく、味が十分染みたとろとろの角煮が出来ました!お好みで辛子を添えてお召し上がりください。
改訂版「77℃ 極上!改訂版 豚ばらの角煮」できました!合わせてご参照ください。


詳しいレシピはこちらから↓

低温調理で作る【和風オードブルレシピ】No.2!


一口食べた瞬間にとろっとクリーミー!
フォアグラみたいな食感が味わえる!

1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:145 kcal、タンパク質:15.7 g、糖質:1.5 g、脂質:7.6 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
レバーはきちんと火が入っていないと「危ない」イメージがあるため、家庭で調理するとどうしても火が入り過ぎてしまいがちです。
どのレバーも火が入り過ぎると、モサモサして美味しくありません。
BONIQを使って鶏肉を安全レベルまで加熱殺菌することで、安心して食べられる美味しいレバーが簡単にできあがります。一口食べた瞬間にとろっとクリーミー、フォアグラみたいな食感です。


詳しいレシピはこちらから↓

低温調理で作る【和風オードブルレシピ】No.1!


最高の柔らかさと、口に広がるジューシーな旨み。
比較実験の結果をもとにした、究極の仕上がり。

1人分(1食)あたりの栄養素

カロリー:312 kcal、タンパク質:0.4 g、糖質:33.5 g、脂質:18.3 g

BONIQレシピ開発者の作った感想
以前の方法でも充分美味しいと思っていたのですが、今回のBONIQ後にフリーザーバッグに塩を入れて味を含ませる方法で、究極の仕上がりになりました。
これ以上に柔らかくてジューシーな蒸し鶏はないんじゃないか、というくらいのクオリティです。
もう蒸し鶏は何度も作った、という方も、ぜひこの方法で違いを感じてみてください。


詳しいレシピはこちらから↓

《まとめ》
BONIQがあれば、いつでも自宅で簡単〝おうちレストラン〟。BONIQの低温調理ならほったらかし調理&誰でも失敗知らずで、完璧な仕上がりのおいしいごちそうを作ることができます。
お好みのものを組み合わせて、素敵な自家製の和風オードブルをお楽しみください。
本ランキングではBONIQの低温調理ではもう鉄板のローストビーフレシピは含めておりませんが、BONIQでは多数のローストビーフレシピをご用意しています。
ローストビーフレシピはこちらをご覧ください。
低温調理ローストビーフレシピ一覧

※本ランキングは当社の公式レシピサイト(http://boniq.jp/recipe/)における、「年末年始のおうちごはんやホームパーティー、持ち寄りにもぴったりな和風オードブルレシピ」の総アクセス数に基づいてランク付けしています。

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿






【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【低温調理のルール 〜6つのポイント〜】を参照下さいませ。


また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
boniq

boniq

BONIQは、ユーザー様それぞれの本質的な目的をサポートする為のパートナーとなるべく低温調理器やそれをより楽しむためのアクセサリー、レシピ、実験記事などを開発しております。 低温調理の可能性を飛躍させ、【日本に低温調理文化を…】を創業以来掲げるテーマとして、一家に1台低温調理器の普及を目指し、そんな方々を見つめその目的達成の一役を担う事を最大の喜びとして、人生を捧げております。 どんな世界でも希望と覚悟を持って生きたいと願う全ての方々と共に・・・ 〜 Let's change your life 〜

このレシピを評価しませんか?

星をクリックして下さい!(評価は1回限りです)

現在の平均:0 (評価数:0 件)

評価がまだ1件もありません。

新着レシピ

  1. 60℃ 胃腸を丈夫に◎鶏ささみのタンドリー風

  2. 最速で最上級ステーキ!低温調理器の店舗活用法

  3. アスリート飯!長友選手シェフのミトコンボウル

  4. ホールディングは有効?比較実験~牛ももVo.3~

  5. 【1月のレシピアクセスランキング】TOP9