【同じ温度で3品同時調理】簡単な肉のおかず編

【同じ温度で3品同時調理】簡単な肉のおかず編
案1「鶏肉づくし!」案
案2「お肉をバランス良く!」案

先日BONIQerさんから、BONIQ 公式Instagram(@boniq.jp)へ「Instagramで、同じ温度と時間設定で作れるものを紹介してほしい!」とリクエストをいただきました。

これまで「【時短料理】同時調理で一食、6品が実質10分!」や「もっと!低温調理で効率化「多種類同時調理」編」などで同時調理ができるレシピをご紹介してきましたが、〝とにかく簡単に作れること〟という点を最重要視しあえて、レシピページをご案内するのではなく、〝本ページを読むだけで、すぐに同時調理ができる〟とにかく簡単な同時調理レシピを下記の3パターンでご紹介したいと思います。

・パターン1:主菜のみ3品同時調理
・パターン2:副菜のみ3品同時調理
・パターン3:主菜&副菜4品同時調理

パターン1:主菜のみ3品同時調理

第1回目となる今回は「パターン1:主菜のみ3品同時調理」のパターンで「鶏肉づくし!」と「お肉をバランス良く!」の2案をご紹介します。

※簡単さ重視のため、それぞれの公開済みBONIQレシピとは仕上がりが異なる場合があります。試食後、お好みの味付けにアレンジしてお召し上がりください。

案1「鶏肉づくし!」案
同じ温度で作る3品

1. 鶏むね サラダチキン
2. 鶏むね バンバンジー風
3. 鶏ささみ 梅たれ
低温調理した鶏むね肉:低温調理レシピ

材料

・鶏むね肉  2枚
・鶏ささみ肉  250g
・塩  適量
・きゅうり(千切り)  1~2本

(ピーナッツソース)
・バターピーナッツ(砕いたもの)  30g
・赤玉ねぎ(みじん切り)  20g
・鶏ガラスープの素  少々
・しょうゆ  大さじ1
・酢  大さじ1
・マヨネーズ  小さじ2.5
・三温糖  小さじ1

(梅たれ)
・はちみつ梅干し(種は除く)  3個
・みりん  小さじ1
・ほんだし  小さじ1
・水  大さじ1と1/2

レシピ

〜下ごしらえ〜低温調理〜
・(梅たれ)の材料を合わせる。
・「鶏ささみ+梅たれ」「鶏むね(2枚)」をそれぞれバッグに入れる。
・60℃ 1:25(1時間25分)で3つ同時に低温調理をする。※
・(ピーナッツソース)の材料を合わせる。
・低温調理が終了したら鶏むね、鶏ささみを引き上げる。
・鶏むねが入ったバッグに塩を入れて、含ませる。(省略可)

〜仕上げ〜
1. 鶏むね サラダチキン
・鶏むね(1枚)をスライス or そのまま召し上がれ。

2. 鶏むね バンバンジー風
・鶏むね(1枚)を裂き、きゅうりと共に盛る。ピーナッツソースを添えて。

3. 鶏ささみ 梅たれ
・鶏ささみをカット or そのまま召し上がれ。

※鶏肉の厚みはいずれも2cmと仮定。厚みが異なる場合は「低温調理 加熱時間基準表(鶏肉)」に従ってBONIQの加熱設定を変更する。

案2「お肉をバランス良く!」案
同じ温度で作る3品

4. ローストビーフ
5. ロースハム
6. 鶏レバー


材料

・牛もも肉  250g
・豚肩ロース肉  500g
・鶏レバー(下処理済み)  250g
・塩  適量
・黒こしょう  適量
・しょうゆ  適量
・ごま油  適量

(ロースハム)
・塩  9g(豚肩ロース肉の重量の1.8%)
・砂糖  5g(豚肩ロース肉の重量の1%)
・黒こしょう  少々
・ローリエ  1枚
・オリーブオイル  大さじ1

レシピ

〜下ごしらえ〜低温調理〜
・豚ロースの表面をペーパーで拭き、塩、砂糖、黒こしょうをすり込む。
・豚ロース、ローリエ、オリーブオイルをバッグに入れてよく揉み、冷蔵庫で1日置く。
・牛もも、鶏レバー(下処理済み)をそれぞれバッグに入れる。
・60℃で3つ同時に低温調理をする。調理時間が経過したものから順に引き上げる。※
・牛ももが入ったバッグに塩を入れて、含ませる。(省略可)

〜仕上げ〜
4. ローストビーフ
・牛ももをスライスして出来上がり。こしょうや市販のソースを添えて。

5. ロースハム
・豚ロースをスライスして出来上がり。

6. 鶏レバー
・しょうゆとごま油を混ぜたものを添えて。

※「低温調理 加熱時間基準表(牛肉/豚肉/鶏肉)」に従ってBONIQの加熱時間を設定する。

「牛肉の厚み:4.5cm」、「豚肉の厚み:3cm」なら両方3時間30分。
「鶏レバーの厚み:2cm」なら1時間25分。

<やり方例(1)>
・BONIQを60℃ 1:25(1時間25分)にセット。
・牛肉、豚肉、鶏レバーの3品を入れる。
・終了タイマーが鳴ったら鶏レバーを引き上げる。
・BONIQを60℃ 2:05(2時間5分)にセット。
・終了タイマーが鳴ったら牛肉、豚肉を引き上げる。

<やり方例(2)>
・BONIQを3:30(3時間30分)にセット。
・牛肉、豚肉、鶏レバーの3品を入れる。
・別でタイマーを1時間25分後にかけておく。
・別でかけておいたタイマーが鳴ったら鶏レバーを引き上げる。
・BONIQの終了タイマーが鳴ったら牛肉、豚肉を引き上げる。

<やり方例(3)>
・BONIQを3:30(3時間30分)にセット。
・牛肉、豚肉の2品を入れる。
・残り1時間25分になったら鶏レバーを入れる。
・終了タイマーが鳴ったら3品を引き上げる。

温度を合わせれば、組み合わせは自在

いかがでしょうか。

あえてレシピをお見せするためにすべて異なる料理にしていますが、「案1「鶏肉づくし!」案」、「案2「お肉をバランス良く!」案」の2案とも60℃で作ることができるため、

・「1. 鶏むね サラダチキン」だけをたくさん
・「1. 鶏むね サラダチキン」と「2. 鶏むね バンバンジー風」をたくさん
・「3. 鶏ささみ 梅たれ」だけをたくさん
・「4. ローストビーフ」と「5. ロースハム」をたくさん
・「1. 鶏むね サラダチキン」と「6. 鶏レバー」をたくさん
・「1. 鶏むね サラダチキン」と「4. ローストビーフ」をたくさん

など、組み合わせはお好みで。

基本的には下味付けなしでも〝素材だけの低温調理〟で充分おいしさが引き出されますので、「一旦素材だけを低温調理しておいて、後から味付けを考える」でも充分です。
「市販のソースは不要な添加物や過度な味付けが気になるから、いつもどんな食材でも塩だけ!」という方もいらっしゃいます。

また、必ずしもBONIQレシピに記載されている温度にしなければいけないわけではありません。レシピの仕上がりとは多少異なると思いますが、都合に応じて多少温度を上げ下げして問題ありません。
お肉やお魚であれば「低温調理 加熱時間基準表」にさえ従えばOKです。

そう考えると、一気に同時調理の敷居が下がるのではないでしょうか。

まずは素材のみで低温調理をしてみる

「何作ろう・・」
「どうしよう・・」
「調味料あるかな・・」

なんて思っていると作ること自体面倒になってしまいますよね。

まずは「素材だけ低温調理してみる」、「ある材料だけで低温調理してみる」、「後は出来上がりの味わいを試食してみて、塩やこしょう、マジックソルトやレモン汁、梅干しやマヨネーズ、市販のソースで味付けをする」でも、きっと充分おいしくお召し上がりいただけると思います。

BONIQの低温調理の大きなメリットの1つであり、低温調理器を使いこなす第一歩である「同時調理」は、まず1度やってみていただきたい料理効率技です。

次回は、

パターン1:主菜のみ3品同時調理
・案3「お魚づくし!」案
・案4「お肉とお魚をバランス良く!」案

をお届けします!

「こんな同時調理アイディアがほしい!」「◯◯だけの同時調理アイディアが知りたい!」などあれば、お気軽にコメントお待ちしています。

合わせて読みたい、低温調理について

低温調理ってなに?どう良いの?基本を解説
低温調理器ってなに?どう使うの?基本を解説
【低温調理におすすめの鍋・容器】必須条件は?

「低温調理器を使いこなす」ってどういうこと?

低温調理のルール ~6つのポイント~
低温調理はなぜ危険じゃないのか?お弁当は…?

低温調理器 BONIQ Pro 2と BONIQ 2.0の違いは?

【低温調理を知る!読んでおきたい記事】7選
【低温調理でまず作りたいレシピ】9選
【低温調理に慣れてきたら作りたいレシピ】9選

1番おいしいのはどの方法?比較実験で徹底検証
この方法が1番!鶏むね肉をやわらかくする方法

お肉以外でも食べてほしい!低温調理レシピ

もっと!低温調理で効率化「作り置き」編
もっと!低温調理で効率化「多種類同時調理」編

もっと使いこなす!BONIQ&お弁当レシピ活用術

【時短料理】同時調理で一食、6品が実質10分!
【時短料理】作り置きを使って、一食実質3分!

レシピの見つけ方【カテゴリから探す】お肉編
レシピの見つけ方【カテゴリから探す】食材別編
レシピの見つけ方【カテゴリから探す】設定温度

パッと簡単に、自分に合うレシピを見つける方法

低温調理で食べるダイエット&ボディメイク献立

BONIQerインタビュー【BONIQ Monthly Award】

【リクエスト随時募集中!】「こんなレシピ欲しい!」リクエスト投稿















【注意】
低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。
レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。
なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。
取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細はこちらの【低温調理のルール 〜6つのポイント〜】を参照下さいませ。

また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。
特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。
→ 食肉に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBONIQをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
BONIQ
BONIQは、ユーザー様それぞれの本質的な目的をサポートする為のパートナーとなるべく低温調理器やそれをより楽しむためのアクセサリー、レシピ、実験記事などを開発しております。 低温調理の可能性を飛躍させ、【日本に低温調理文化を…】を創業以来掲げるテーマとして、一家に1台低温調理器の普及を目指し、そんな方々を見つめその目的達成の一役を担う事を最大の喜びとして、人生を捧げております。 どんな世界でも希望と覚悟を持って生きたいと願う全ての方々と共に・・・ 〜 Let's change your life 〜

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事